ゴルフ初心者 スイング スルー・ザ・グリーン(コース内)に配置されています

あ、沼ポチャ!ルールではどう対処法すべしばいいの?
コース上には、ゴルフ新人をチャンスを見計らうますますのどりみどり術策が置いてますが、沼・細流これこれしかじかのウォーターハザードはマジでやっかいですね。ボールがなくなったり(アクシデントなくキャディさんが拾ってくれる時と場合も置いてます)、対処法にモタモタしてしまったりなので、連れの者にもはた迷惑が達ししまいます。その為、ルールをしっかりおさらいして、ラウンドさせて提供を受けるときはテキパキと扱いしたいものです。今のところは、沼ポチャの対処法するに当たり連絡調整業務ました。

初っ端から、ウォーターハザードがあったら、それに立っている基礎杭に注視してください。こがね色かレッドか、いずこかの基礎杭が視界に捉えるはずです。その顔付きのトーンによって、ボールをドロップさせて提供を受ける位置これこれしかじかの救済手段が変わり映えます。

こがね色はウォーターハザード
こがね色の基礎杭はウォーターハザードです。とりわけグリーン余の沼これこれしかじか、スルー・ザ・グリーン(コース内)に配置されています。
仮令、沼に入っても一発決めてやれ良くあることではないだと評定した時と場合、ペナルティー無しで続行させて提供を受けることができます。プロの競い合いで、グリーン左右でウォーターショットをさせて提供を受ける時と場合これこれしかじかがこの点ですね。しかしながら、ショットの過日にクラブをソール(水につける)施行する、ボールの最寄りの落ち葉や小枝これこれしかじかを消除する、タッチ挙行する等のナニは当方には理不尽です。このようなナニをしてしまうと、2斬ペナルティーが加えられます。
仮令、打ち直し施行する時と場合、1斬ペナルティーが追加にゲシュタルトますが、フォロー行動に移すすべは2とおり置いてます。
1.打った位置まで戻って打ち直し。
2.ボールが沼を横切った特定部分とホールを直線でフィナーレ、その後面同じ原因上にドロップ。
ついでに申しますと、この時と場合、どこまで戻ってもルール上はOKです。フラットで芝の偽りのない姿が良心の位置をセレクトそうすると良心のでしょう。

レッドはラテラル・ウォーターハザード
こがね色のウォーターハザードに対し、「ラテラル」という耳慣れない英語が貼付されたウォーターハザードがレッドです。ラテラルとはlateral=「一円の」というニュアンスで、コース横の大沼や、細流これこれしかじかを指しています。ウォーターハザードの救済手段2のような時と場合、後面同じ原因上に行こうとなると隣のホールになってしまう時と場合が超満員ため、先ほど既に述べたウォーターハザードでの2とおりのフォロー手に加え、跡2とおりのフォロー行動に移すすべが追加されています。
あっちもこっちも、打ち直しには1斬ペナルティーが追加にゲシュタルトますが、以下のフォロー手でプレーを続行できます。
1.2.先ほど既に述べたウォータハザードと半分ずつ
3.ラテラル・ウォーターハザードの超えちゃいけないラインを果てに横切った特定部分から2クラブレングスにドロップ。
4.対岸のラテラル・ウォーターハザードの超えちゃいけないライン於けるホールから半分ずつすきにとある特定部分から2クラブレングスにドロップ。
このように、ドロップやれる位置が複数とあるため、当方もどら芯の良心の位置をセレクトそうするとよいでしょう。

ルールをそつなく活用しましょう!
元々は、OBでもウォーターハザードでも、打った位置に戻って打ち直し施行するのがバックグラウンドですが、このようなルールが設けられているのは、遅れプレーを待避するためです。1斬ペナルティーが追加されてしまいますが、アクシデントなくルールを利用して、偽りのない姿の良心の位置からセコンダリーショットを施行することで、沼ポチャ!のピンチもスマートに切り抜けたいですね。
当然、沼ポチャ!をしないで十分ののならその点が最もよいのですが・・・。

副業情報関連記事